トモヤの気まぐれで書かれるブログ。

yahooブログから移行してきた者です。ニチアサや深夜アニメの箇条書きの説明&感想しか書いてないけど、良かったら読んでください。

スター☆トゥインクルプリキュア、第43話「笑顔への想い☆ テンジョウVSえれな!」

○主な出来事。
・トッパー長官との通信。
冒頭から、トッパー長官率いる星空連合の艦と一緒に航行中のプリキュア(°ω°)
ノットレイダーのワープ時の磁場を調べれば、本拠地になってる星を特定できるかもしれないとの事で
調べられる施設のある星へ赴く道中のようだ(´ω`)
この話の間も、えれなさんは浮かない表情。まだ前回の事が尾を引いている・・・(・ω・`)

・グーテン星。
磁場の解析ができる星。
どうやらテンジョウさんの出身星のようで、この星の人達は天狗のように鼻の長い容姿が特徴か(´ω`)
鼻の長さが一種のステータスのようで、鼻が(ある事は前回わかったが)ツルンとしているプルンスは憐れみを受ける(^_^;)

・「今回は私1人で行くわ」
追ってきたペンの反応から、プリキュアがグーテン星に来ていると知るテンジョウさん。
グーテン星に到着すると、テンジョウさんはノットレイを連れずに1人で行動すると言う。
・・・思うところは大いにあるだろうしな(°ω°)

・マイクロ化技術。
プルンスの乗り物や、ロケットのキャリーモードはグーテン星で開発された技術らしい。
星空界に貢献してるなぁ(´ω`)

・グーテン星の星民性。
『プライドが高くてなかなかの上から目線』と、トッパー長官のお付きの人に称される(^_^;)
テンジョウさんが、ノットレイを『駒ちゃん』と呼んだりするのも、そういう部分があるせいだろうか?

・モード系の隠れ蓑。
すごい技術だけど、頭まで覆って身を隠す目的が無いのなら、ステルス発動してなくてもいいんじゃ?(^_^;)
ステルス込みでファッションなの?(^_^;)

プリキュアを探すテンジョウさん。
街を歩くが、嫌でも聞こえてくる自慢話で高らかに笑うグーテン星の人達の声。
イライラした様子で下唇を噛むテンジョウさん。
確かに、自慢話聞いてる側の人達も高笑いしながら聞いてるの見ると
話し半分で聞いてるというか、あんまり自分以外の人間に感心無いんじゃないか感あるな(°ω°)
テンジョウさんが辟易とするのもわかる(°ω°)

・はぐれたえれなさん。
悩み事を抱えたままで気もそぞろだったせいか、ひかるさん達とはぐれてしまうえれなさん。
グーテン星の人達の笑顔に違和感を感じているような様子で、不安を感じつつ歩いていると、テンジョウさんが現れる(・ω´・)
テンジョウさんは、グーテン星の人達の事を、笑顔の仮面の下で人を見下していると言い、『笑顔』を否定する。
えれなさんは、お母様の本音の事も思い起こされ、テンジョウさんの言葉に反論できずにうつむいてしまう・・・(・ω´・)

・スターカラーペンダント!カラーチャージ!
えれなさんに攻撃しようとするテンジョウさんだが、ユニさんが飛びかかって攻撃を阻止し、事なきを得る(°ω°)
ひかるさん達も合流し、変身(°ω°)
ソレイユメインのショートバージョン。
幸い、スタプリは精神状態に関わらず変身できるタイプみたいなんで助かる(°ω°)

・テンジョウさんのマスク。
あえてなんだろうけどノットレイは連れてきていないので、自ら戦うテンジョウさん。
ソレイユが組み合うが、『笑顔』を守る事に迷いが生じているソレイユに、さらに惑わすように囁くテンジョウさん(・ω´・)
隙ができたソレイユは吹き飛ばされる。
あとに続いたスターがテンジョウさんの攻撃を星のバリアで防ぎ、渾身の力で押し返す(・ω´・)
すると吹き飛び、倒れるテンジョウさん。
そのテンジョウさんの顔からはマスクがはずれて・・・(°ω°)

・テンジョウさんの過去。
マスクの下の素顔は鼻が地球人並みでしかないテンジョウさん(°ω°)
鼻が長い事が良しとされるグーテン星において、それは幼い頃からのコンプレックスであったようだが
大人達からは『鼻の長さなんて関係ない』と受け入れてもらえていたと思っていたが
心の中では憐れみ、見下されていたとテンジョウさんは気づいてしまったらしく
ジョー先生回で垣間見えた回想のように、荒れてしまったのか・・・(°ω°)

・巨大ノットレイ。
素顔を見られ、過去を知ったプリキュアを、忌まわしい過去もろとも消す覚悟のテンジョウさん。
自分を巨大ノットレイに・・・(・ω´・)
街の人達を襲おうとするのを止めようと飛びかかるスター、ミルキー、コスモを
トゲの付いたハートの造形物を吐き出し、それにめり込ませる事で3人の動きを封じる(・ω´・;)

・「みんな嘘・・・全部嘘・・・笑顔なんて仮面なのよ!」
テンジョウさんのこの言葉を聞く限り
笑顔そのものよりも、欲しかったのは悪意だったとしても、本音や本心だったんだろうか・・・(°ω°)

・太陽を照らす月。
再びお母様の本音、そしてテンジョウさんの心の叫びを思い出して、注意がそれるソレイユ(・ω´・)
巨大ノットレイの攻撃で吹き飛ばされる。
そしてフォローに回っていたセレーネも、トゲ付きハートの造形物で戦闘不能に(・ω´・;)
仲間もみんな倒れ、自分は戦う理由にも迷いがある中、どうすればいいのかわからなくなってしまったソレイユ。
そんなソレイユの手を、手を伸ばして何とか握ると
「えれな。大丈夫。自分を信じて」と言い、優しく微笑んで見せるセレーネ・・・(°ω°)
セレーネの笑顔で、ソレイユは家族の笑顔を思い出す。不安を消し去ってくれる『笑顔』(´ω`)

・「テンジョウ、あなたの言う通りかもしれない。
  私も作ったんだ、笑顔を・・・。
  ノットレイになったママが言ったように、私、自分が本当の笑顔になっているかどうかなんて、考えた事もなかった。
  人の笑顔の事ばかり考えてた・・・。
  本心を仮面で隠すって言ってたけど、でも聞けたよ?あなたの本心!」
 「テンジョウ・・・私、わかるよ。あなたの気持ち。
  だって、私も、そうだったから!
  私も、みんなと違うって・・・みんな、私の事ホントはどう思っているのかって・・・ずっと気にしてた・・・。
  でも、それを救ってくれたのが、家族の笑顔!本物の笑顔だった!
  だから救われたんだ!『笑顔』にはすごい力があるんだ!」
 「私は、人の笑顔のために自分を犠牲にしてるんじゃない!
  あなたのおかげで気付けた・・・。
  もっと、私、あなたを笑顔にしたい・・・」
 「だって、笑顔を見るのが嬉しいの・・・大好きなの!
  みんなの笑顔が・・・笑顔が!私の笑顔になるの!
  だから・・・だから・・・私はみんなを笑顔にしたいんだぁ!」
えれなさん、自分の『笑顔』の原点を見つめ直して、改めて『笑顔』にするという決意を(´ω`)
そして、まばゆい光・・・トゥインクルイマジネーション(´∀`)

・「これで動けるルン!」
ソレイユのトゥインクルイマジネーションの力で、テンジョウさんの巨大ノットレイの力が弱まる。
トゲ付きハートの造形物も消え、その厚み分地面から浮いていたミルキーが地面に落ちるの可愛い(^_^;)
良いシーンにこんな感想はさんで悪いけど(^_^;)

プリキュア・スタートゥインクル・イマジネーション。
巨大ノットレイのテンジョウさんを浄化完了(´ω`)

・「私を笑顔にできて?」
元の姿に戻ったテンジョウさんに、手を差し出すソレイユ。
しかしテンジョウさんは、このセリフを言ってワープで帰っていく。
笑顔に・・・できてないね・・・(・ω・`)
本人にとっては、我々が思う以上に根が深い問題なのかもしれない・・・(°ω°)
それとも、おそらくご家族からも憐れまれ見下されてたと思われるテンジョウさんに
幸せ家族の話で説得しようとした事自体が良くなかったか・・・(・ω・`)

・例の計画。
えれなさんにもトゥインクルイマジネーションが覚醒したと報告をするテンジョウさん。
それを受けて、ガルオウガさんに次の行動の指示を出すダークネスト様。
そして承ったガルオウガさんの言う「例の計画」という言葉。
テンジョウさんも知らされていない計画がノットレイダーにはある?(・ω´・)

・えれなさんとお母様。
帰宅すると、夕飯の支度をされているお母様のお手伝いをするえれなさん(´ω`)
そんな中、テンジョウさんとわかり合えなかった事で
わかり合って笑顔にするのは難しいけど、それでも笑顔にしたいという気持ちを
涙を溢れさせながら、お母様に打ち明けるえれなさん(°ω°)
お母様は
「人を笑顔にできるってすごい事よ?
 でも、人のために泣けるのはもっとすごい。それって、相手の事を本気で考えてるって事だから。
 泣きたいときは泣いていい。・・・私はそう思う」
と言って、えれなさんを優しくもしっかりと抱き寄せる。
そして、声をあげて泣いてしまうえれなさんに「きっといつか一緒に笑顔になれる日が来るよ」と(´ω`)

・お父様。
弟さん妹さん達を連れて配達から戻ってきたところ
キッチンで涙ながらに寄り添い合うえれなさんとお母様を見て
弟さん妹さん達を心配させまいとキッチンから遠ざけてくれるお父様の気遣い(´ω`)

・「ママみたいな、人と人とを笑顔で結びつける、通訳って素敵だなって!」
えれなさんは、小さいころからお母様にあこがれていたと、通訳になりたいという夢をご両親に打ち明ける(´ω`)
有り余る想いに言葉がついていかない様子のえれなさんの手を、片方ずつ握り、応援してくれるお父様とお母様(´ω`)
えれなさんに、ようやくと言ったらいいか、本当の『笑顔』が戻った(´ω`)
まぁ、代わりに視聴者は泣き顔なんだけど(^_^;)全べそなんだけど。

・弟さん妹さん達。
とうま君が、今後は家の事を自分にも任せてくれと言ってくれる(´ω`)空気の読める子よ。
下の弟さん妹さん達も、テーブル拭いたり、みんな協力してくれると(´ω`)
まぁ、とうま君は、えれなさんより得意だと言うサルサソースは無事焦がしたようだけども(^_^;)
そんな様子を見て、ご両親は子供達の成長をしみじみと喜ぶ(´ω`)めでたしだな。

○次回は「サプラ~イズ☆ サンタさんは宇宙人!?」
クリスマス回だ(´ω`)もうそんな季節か。
サンタさん異星人なのか(°ω°)ああ、そういえばウルトラの父だったっけか。
で、ダークネスト様出張るのか!(・ω´・;)マジか・・・。

ウルトラマンタイガ、第23話「激突!ウルトラビッグマッチ!」

今更ながら、ふと、デレステのアニバーサリーのログインボーナスの画面見て思ったんだけど
登場してるのがシンデレラプロジェクトのメンバーだけっぽい感じ?(°ω°)
・・・もしや、アニデレ2期フラグとか?(´∀`)それはさすがに無いかなぁ。

まぁいいや、とりあえずタイガの感想書く(´ω`)

○主な出来事。
・ベリアルさん。
チブルさんが因子から復元したらしい(・ω´・;)科学力・・・。
そんなニセベリアルさんを使ってウルトラマン狩りとは・・・。

ヴィランの方々。
ザラブさん、ゴドラさん、スランさん。
打倒ウルトラマンの会議をしているが・・・何とも言えない、このポンコツ感(^_^;)特にザラブさん。

・チブルさん。
↑の3人に、ベリアルさんを使った作戦を提案。
スカルゴモラを作った時のベリアルさんの因子がまだ手元にあったようだ(・ω´・)
ジードに倒されたって事だから、世界観的には地続きみたいだな(°ω°)

・「すみません!食べます!」
飛び起きてこのセリフを言うヒロユキさん(^_^;)
ホマレさんにもツッコまれるが、どんなシチュエーションの夢なのか(^_^;)

・蘭、望、令人。
カップ麺の種類。
何の事かわからなかったけど、ネット見たら納得(´ω`)そうか、歴代のゼロの憑依者か。

・電波ジャック。
ザラブさんのお家芸的なもんなのか(^_^;)
ちゃんと観てないんで、『ウルトラマン』での印象はニセウルトラマンの印象しかないが。
そしてこの電波ジャックのシーンから、アバンに繋がる感じか(°ω°)

・「結構ヤバくないですか?」
 「手、黄色いし」
 「バナナみたいじゃない?」
ニセベリアルさんが出現した映像観てもこの反応(^_^;)
地球のどの辺に出現したかこの映像では解らないには解らないけど、結構余裕あるよね(^_^;)
『どのみちウルトラマンが何とかしてくれる』っていう思いがあるみたいで、なんかあんまり・・・(^_^;)
海野さんに活を入れてもらおうよ(^_^;)ほら、お兄さんはこの前仮面ライダーのほうに出たしさ。

・フォーク。
ハヤタ隊員のスプーンオマージュぶっ込んできた(^_^;)

・バディゴー!
タイガでニセベリアルさんに応戦(・ω´・)
開幕スワローキックを繰り出そうとしたところを撃ち落される(・ω´・;)ニセとはいえ、さすがベリアルさん・・・。

・タイタス。
肉弾戦、ニセベリアルさんとパンチの打ち合い(・ω´・)
パワー負けこそしなかったが、両方の拳を抑え込まれてドロップキックを食らってしまう(・ω´・;)

・フーマ。
光波手裏剣で攻撃。
1つはダメージが通ったものの、引っこ抜いたビルを盾代わりにして接近され、反撃を受けてしまう(・ω´・;)
その後は一方的・・・スピードで翻弄する暇もなかった・・・(・ω´・;)

・トレギア。
ニセベリアルさんに対するタイガ達の予想外の苦戦に、現れるトレギア(°ω°)
助けに入ったってより、自分の計画でタイガ達が苦しむ姿が見られないとつまらないからって感じだが(^_^;)

・追加のベリアル因子。
トレギアにニセベリアルさんを『木偶の坊』呼ばわりされた事で腹を立てたチブルさんは
ニセベリアルさんに追加のベリアル因子を投与する(°ω°;)よりベリアルさんの力に近づいたって事か・・・?

・ちょっとした共闘。
理性があるのかわからないが、『木偶の坊』呼ばわりは腹が立ったらしいニセベリアルさんはトレギアに向かっていく。
トレギアも余裕の態度だったが、フーマが自分が戦うと言ってトレギアを突き飛ばす(^_^;)
ハイキックを繰り出すが、ニセベリアルさんに受け止められ二進も三進もいかなくなったが
トレギアがフーマの軸足を足払いした事で、その軸足でニセベリアルさんにキックを食らわせる結果に(^_^;)良き。
まぁ、協力して戦った風なのは、この瞬間だけだったけど(^_^;)

・「こんにちは、皆さん。そしてさようなら」
チブルさん達に気付き、ビルの中を覗き込んであいさつするトレギア。
そして「さようなら」と言うとその場から移動する。
次の瞬間、トレギアを攻撃しようとしていたニセベリアルさんが・・・。
トレギアが避けた結果、チブルさん達のいたビル崩壊・・・ああ・・・(・ω・`)

フォトンアース。
タイガに交代し、今度はフォトンアースで挑む(・ω´・)
久々だな。クリスマス商戦向けのアピールか(´ω`)
しかし、フォトンアースを以てしてもニセベリアルさんには及ばないか(・ω´・)地球の力ェ・・・。

・ゼロ。
キター!(´∀`)ガンバスター張りの腕組みで!
今回は偽物とはいえ、ベリアルさんの相手といったらゼロだなやっぱ(´∀`)

・トライストリウム。
トライストリウムになって、反撃の狼煙をあげるんだよ(´ω`)

・問題児様。
ゼロに対して「問題児様のお出ましだ」と言うトレギア。
ゼロも「テメェにだけは言われたくねぇな」と(´ω`)悪のウルトラマンのほうが問題あるもんな。

・ゼロVSトレギア。
あえてニセベリアルさんじゃなくこっちとマッチメイクか(´ω`)脚本家さん、面白い事考える。
空中に飛び出して組み合う刹那に、ゼロに声をかけるトレギア。
ゼロは戦うと決めたら迷う事無く戦うので「だから私は、君にときめかない」と(°ω°)

・タイガVSニセベリアルさん。
トライストリウムでギリギリ互角くらいか(・ω´・)
つばぜり合いのような状態から、トレギアが蹴って払いのけたゼロスラッガーによって双方距離を取る。

・光線の撃ち合い。
トライストリウムバーストとワイドゼロショットVSトレラアルティカイザーとデスシウム光線。
ぶつかり合いの衝撃でタイガとニセベリアルさんは吹き飛び、トレギアとゼロも吹き飛ばないものの体勢を崩す。
近くにいた地球人はいなかっただろうね・・・ウルトラマンでこれだと地球人死んじゃうぞ(・ω´・)

・プラズマゼロレット。
通常のレジェンドのブレスレットより大型だよね(´ω`)トライストリウム専用っぽい感じか。
ギミックを展開して発動。『タイガダイナマイトシュート』を放つ(´∀`)全身から虹色の光線を放つのか。
トレギアはニセベリアルさんをガードベントにして難を逃れる(°ω°)とりあえずニセベリアルさんは撃破だ。

・ゼロツインシュート
去ろうとするトレギアにゼロが撃ち込むが、間に合わず逃げられてしまう(°ω°)
まぁ、決着はタイガ達がつけるだろう(´ω`)

・去っていくゼロ。
ヒロユキさんと対面し、タイガにもトレギアに絶対勝つようにエールを送るゼロ(´ω`)
そしてベリアル因子を利用する悪党がいるかもしれないので、それを探すためにウルティメイトゼロで飛び去る(´ω`)

・「さぁ、楽しいパーリィの始まりだ」
霧崎さん・・・(・ω´・)
ピリカさんも関係してると思われる計画がついに動くか(・ω´・;)

○次回は「私はピリカ」
トレギアが宇宙から呼び寄せたヤツが到着か(・ω´・)
そしてピリカさん・・・課せられた使命・・・いったい何者なんだ・・・?(°ω°)
ギャラクトロンもいるんだけど・・・(・ω´・)リング製だろうか?

騎士竜戦隊リュウソウジャー、第36話「超速のボディガード」

○主な出来事。
・ときめかないワイズルー。
精神的な問題かと思ったら、心臓が無いからドキドキを感じないという物理的な問題だった(^_^;)
退屈で死ぬかもしれないとか、依然として命よりスリルのスタンスらしい(^_^;)
クレオンはワイズルーを気遣い、プリシャスから心臓を取り返せるマイナソーを調達してくると言う(´ω`)

・訓練。
マックスレッドVSドッシンソウルピンク&メラメラソウルブラック。
ピンクとブラックも連携で善戦するが、メラメラソウルの炎はミストソウル、ドッシンソウルの攻撃はカルソウルで対処される。
基本戦闘力も高いし、同時にリュウソウル2つ使えるのは強みだなマックスレッド(´ω`)
訓練を監督していたらしいメルトは、みんな修行の成果が出てると(´ω`)メルトは参加しないのか?

・カナロ。
訓練に送れて急ぐ中でも、美女は見逃さない(^_^;)
寒くなってきたこの季節に両手にソフトクリームを持つその女性に「なんて逞しいんだ」という評価(^_^;)そういう問題か?
躓いてソフトクリームを1つ放り投げてしまう女性。カナロはすかさずキャッチ(´ω`)
「ありがとうございます!すごい集中力ですね!」
「修業したもので」サムズアップ
あの修行の成果、ここで活かされんのかよ(^_^;)

・「彼のソフトクリーム、守ってくれてどうもありがとうございました」
まぁ、そうなりますわな(^_^;)この時期に1人で2つ食うのは、やや剛毅だ。
カナロは名残惜しそうに女性の行く先を見ると・・・女性がソフトクリームを渡した相手は、トワ?(°ω°;)

・シルフマイナソー。
クレオン、早速マイナソーを調達したらしい(°ω°)シルフか。見た感じじゃわからなかったが。
リュウソウジャーは訓練組が先んじて駆け付け、応戦する。
ものすごいスピードで動くシルフマイナソー(・ω´・;)ブルーがハヤソウルを使っても追いつけない。
トワのハヤソウル使いなら対抗できるかもしれないと思ったのか、トワが来なかった事に腹を立てるブルー。

・トワのデート疑惑。
龍井邸にて、トワがデートをしてた事をみんなに伝えるカナロ。
「デートをしていて戦いに来れなかったって言うのか」と怒りを露わにするメルト。まぁ、カナロも来てなかったけど(^_^;)
何か事情があるんだろうと、コウは特にトワを信じている様子(´ω`)
アスナはそれほど気にしてない感じ(^_^;)
「婚活は大切だ」と持論を展開するカナロ(^_^;)
婚活なのかと問うういさんに「俺は知らん」と言うバンバ(^_^;)
バンバはまぁ、婚活云々は別として、自分も人間の女性と交際してたわけだし、咎めるつもりもないのかもしれない(´ω`)

・「ハヤソウル2個使うとか?」
シルフマイナソーへの対抗するにはという問題に対して、アスナの適当な返し(^_^;)
とはいえ、同じリュウソウルでも効果累積して使えるなら、案外有効かもしれない(´ω`)

・ワイズルーの心臓。
シルフマイナソーを使い、プリシャスの懐から自分の心臓のカードを回収する(´ω`)
しかし、あえて掴まされたのか、手にしたのは何の絵柄もないブランクカード(・ω´・;)
プリシャスは、心臓を返してほしければリュウソウジャーを倒してくるように言い、姿を消す。
ワイズルーは受けた屈辱をリュウソウジャーで晴らすのだと言って、イライラする(°ω°)

・トワと沙希さん。
トワのデート相手の女性、沙希さんは、どうやら無理を言ってトワに付き合ってもらっているらしい。
使命があると言うトワに、その使命を果たした後はどうするつもりなのかと問う。
使命を果たしてもつらくなるだけなのでは、と。・・・惑わすなぁ(°ω°)

・トワのもとを訪ねるコウ。
沙希さんが席をはずしたところへコウがやって来る(°ω°)
事情を聞くと、訓練前にトワが1人でウォーミングアップしていたところへ
沙希さんが声をかけてきて、1日ボディガードをしてほしいと言ったらしい。
その際にグリーンリュウソウルを取られてしまい、力ずくで取り返すわけにもいかず、引き受けざるを得なかったようだ(°ω°)
それでも、次にシルフマイナソーが現れたら、無理にでも取り返して戦闘に向かうつもりではあるが
それまでは沙希さんについていてあげたいと言うトワ。
コウは、そんなトワに、以前のトワより『優しくなった』と言う(´ω`)
シルフマイナソーに対抗するにはトワの力が必要だという1点だけ伝えて去ろうとするコウ。
トワは、コウにドルイドンとの戦いが終わったらどうするのか尋ねる。
コウは、以前も言っていた世界を見に行きたいという想いをトワに話す(´ω`)
トワはそれなりに納得したようだ(´ω`)

スマホを見つめる沙希さん。
不在着信が34件。
トワには『悪い人』に追われていると言ったようだが、やはりそうではなさそうだな(°ω°)
あと、スマホケースのデザインが魁利さんのっぽかった(^_^;)

・「こんにちわ」
トワを探しに出たバンバの前にワイズルーが現れる(・ω´・;)あいさつする礼儀正しさ。

・幸田沙希さん。
龍井邸に戻ったコウは、トワの事情を説明。
ういさんは沙希さんの名前に思い当たるものがあるようで。
沙希さんはどうやら、天才レーサーと称される女性レーサーらしい(´ω`)
活躍もしていて期待も大きかったが、最近はあまりいい成績が出ていないらしい(°ω°)
世間からもバッシングを受けたりしている恐れもあるか。
尚久さんのバッシングというか、いじめの話はまた今度でお願いします(^_^;)強く生きてください。

・VSシルフマイナソー。
ゴールドがビリビリソウルの銃撃を乱射するが、シルフマイナソーには当たらない(・ω´・;)
流れ弾から身を守るために、クレオンが王蛇スタイルのガードベント(^_^;)
幸い、攻撃が当たらない代わりに、シルフマイナソー自身の攻撃力もないため安心・・・かと思われたが
クレオンがドルン兵の槍をシルフマイナソーに持たせて攻撃力アップ(・ω´・;)
構えて横通り過ぎるだけでも攻撃になるの怖い(°ω°;)杓死かよ・・・。

・シルフマイナソーの生み主。
沙希さんだったか・・・。
あのスピードはレーサー由来ってわけだ(・ω´・)
シルフマイナソーを成長させようと沙希さんを追い詰めに来たようだが、体よくグリーンリュウソウルも奪う(・ω´・;)
変身できないトワを、沙希さんを人質にして抵抗もさせないクレオン。今日はいつになく凶悪だな(°ω°)
もっとも、沙希さんを殺せばシルフマイナソーも消滅するだろうが、死なない程度に痛めつけられるのが一番マズいしな・・・。
沙希さんは、期待をかけられても結果が出せないプレッシャーに耐えきれなくなり、逃げてきたらしい・・・。

・シルフマイナソーの動きを封じる。
ヤワラカソウルとミストソウルの組み合わせで足場を沼のように変え、シルフマイナソーが抜け出せないようにする(´ω`)
動けなくなったところをエバーラスティングクローと4人のディーノスラッシュで攻撃(´ω`)
しかし、沙希さんのエネルギー供給によって巨大化(・ω´・;)もう少しだったんだが・・・。

・「誰かの・・・期待になんか・・・応えなくたっていいじゃん。
  人に期待されなくても・・・褒められなくても・・・俺は俺のやるべき事をやるよ・・・」
 「俺は・・・絶対に諦めないから」
トワは、沙希さんに向けて言う。
そして、この危機的状況でも、まだ諦めていない(´ω`)

・グリーンリュウソウル奪還。
グリーンリュウソウルにオモソウルの効果をかけて、クレオンが手放さざるを得なくする(´∀`)おぉ。
慌てて拾い上げようとするが、沙希さんが自分の体で覆いかぶさり、拾わせない(・ω´・;)でも危険だぞ!
クレオンは沙希さんを退かそうと足蹴にしたり無理矢理引き離そうとする。いつになく凶あk
沙希さんを傷つけるクレオンにトワは怒りのタックル(・ω´・)
沙希さんを助けると同時に、その身を挺して守り切ったグリーンリュウソウルを沙希さんの手から受け取る(・ω´・)

リュウソウグリーン。
沙希さんを傷つけたクレオンを許さない(・ω´・)
ドルン兵を早々に片づけ、クレオンに渾身のキックを(´ω`)
クレオンは満身創痍で撤退していく(´ω`)今回はクレオンが悪い。反省ね。
戦闘後、すでに意識の無い沙希さん(°ω°)
早くシルフマイナソーを何とかしなければという所に、プテラードンが来てくれる(´∀`)助かる!

・キングキシリュウオー。
プテラードンで飛んで駆け付けたグリーンに促され、合体(´ω`)
ティラミーゴにレッド、モサレックスにゴールド、プテラードンにグリーンの編成か(´ω`)
相手が悪いと見た巨大シルフマイナソーが逃げようとするが
搭乗者の能力が反映されるのか「俺がいるからには速さで負けない!」と言うグリーン。
言葉通りに、あっさり追いつき逃がさない(´ω`)
スピードで翻弄しつつ攻撃し、最後に宇宙までかっ飛ばす(´ω`)
そして宇宙にて『ビッグバン・エボリューション』で巨大シルフマイナソーを撃破(´ω`)

・逃げるのをやめた沙希さん。
周囲の期待に応えられないまま1年間の海外遠征に行く事が怖くて逃げていたようだが
トワの言葉で、期待されなくても自分のやりたい事にうち込もうと決めたようだ(´ω`)
だから1年後、戻ってきたらまた会ってくれるかとトワに尋ねる(°ω°)
トワは「もうボディガードは必要ないでしょ」と冗談から切り出しつつ「待ってるよ」と(´ω`)

・戦いが終わったら。
トワは、コウ以外のみんなにも訊いてみる。
アスナの『美味しいもの食べたい』や、カナロの『妻とのバラ色の生活』は想定内(^_^;)
バンバは、まず戦いを終わらせないと考えられない感じかな(°ω°)
メルトは真面目に、地球上のみんなの未来の事にも目を向ける(´ω`)
6人は、そんなみんなの未来を守るために戦うと決意を新たにする(´ω`)

○次回は「誕生!最恐タッグ」
コウとティラミーゴが喧嘩?(°ω°)ここに来て?
クレオン、プリシャスからのスカウト・・・(・ω´・;)
ワイズルーとガチレウスが手を組む(・ω´・;)
厄介な出来事が多い中
マックスレッドとチイサソウルティラミーゴのタッグ(´∀`)なんと!