トモヤの気まぐれで書かれるブログ。

yahooブログから移行してきた者です。ニチアサや深夜アニメの箇条書きの説明&感想しか書いてないけど、良かったら読んでください。

仮面ライダーリバイス、第4話「足りない愛情!アブナイ悪魔誕生!」

○主な出来事。
・大二さん、お怒り。
銭湯の掃除をする一輝さんに、フェニックスとの契約を迫る大二さん(°ω°)
一輝さんは、デッドマンズが現れたら駆けつけると言って、契約は頑なに拒否する。
前回、一輝さんが すぐ変身できていたら さくらさんが人質になる事は無かったと大二さんは言う。
片手間に関わられても迷惑だと。自分は一輝さんの連絡係ではないと反発する(°ω°)
そして、これ以上話しても無駄だと判断し、未だ見つからないコングバイスタンプを探しに出る大二さん。
「片手間に人を救った気になってる誰かとは違うから」と捨て台詞を言って(°ω°)

なぜ 大二さんが そこまで怒ってるのか解らない一輝さん。
前回 狩崎さん達から散々に言われた事が尾を引いてるのも あるだろうけど・・・な(°ω°)

・彩夏さん、行方不明。
彩夏さんの家の前を通りかかる さくらさん。
彩夏さんの お母様が美春さんと一緒に出てきたので、彩夏さんと連絡が付かない旨を話し、どうしてるのか尋ねる。
すると、彩夏さんの お母様は、五十嵐家に泊まってると聞かされていたらしい(・ω´・;)これは・・・。

・ギフ様 復活の いけにえ。
いけにえを催促するアギレラ様。
ギフ様が復活するには、どうやら6体の いけにえが必要らしい。

オルテカとフリオも含まれているようだが、いけにえに相応しいのは『ギフテクス』という存在らしい。
普通の人間が生み出せるのは、ギフジュニアが関の山。
それなりに素質のある者がデッドマンを生み出す事ができ、上級契約をする事で一体化し、いけにえに なる事が できるらしい(°ω°)
アギレラ様は、コングの契約者に 覚悟を問う。上級契約をすれば、元の姿には戻れないという(・ω´・)

・彩夏さん。
さくらさんの電話に出てくれる。
お母様に会いたくなくて、五十嵐家に泊まってると嘘をついたのだと言う。
さくらさんも、人質時の事は解ってるから それに ついては咎めないが・・・。
翌日、美春さんのライブに行くと言う彩夏さん。
お母様と仲直りするようにと、さくらさんも後押しする。

が、通話を終えた彩夏さん。
デッドマンズベースに居る黒いフードの人物・・・コングの契約者が彩夏さんだった(・ω´・;)やっぱり・・・か。
だとするなら、ライブに行って する事は・・・悪い想像しかできない(・ω´・;)

・狩崎さんのラボ。
仮面ライダーコレクションよ(^_^;)すげぇ。シリーズのファンもテンション上がるね。

自身も体鍛えるタイプの研究者らしい狩崎さん(´ω`)これ、絶対あとで変身するわ。プロフェッサールートだわ。敵対しそうな感じは 今の ところは無いが。
大二さんが入室すると、改めて大二さんがベルトを使いたいのは何故か尋ねる。
自分の手で世界を守りたいと言う大二さん。
狩崎さんは、そのためには まず大二さん自身がアップデートしなければと言う(°ω°)・・・励ましなのか、遠回しに アップデートできるまでは来るなと言ってるのか。

・美春さんのライブ。
正確には、美春さんがセンターを務めるアイドルユニット『小悪魔ランデブー』のライブみたいだが(´ω`)

一輝さんは、まだ未解決らしいコングの件も あって、さくらさんにボディガードとして同行。
・・・彩夏さんにも会えるから、か(´ω`)初恋の人だったか。一輝さんは否定するが(^_^;)
愛情を込めた手作りの弁当(海苔巻き おにぎり、タケノコの筑前煮?)まで持参して(^_^;)
バイスが一輝さんの愛情を欲しがるが「やんないよ!愛情なんて これっぽっちも無い!」と言い放つ一輝さん(^_^;)シュンとするバイス(^_^;)ってか、大きさ変わるんだ?

会場に来ていた彩夏さん。
お母様に、誘拐された際に電話に出てくれなかった理由を尋ねる。
お母様は、そんな大事だとは思わなかったとの事。
・・・確かに、電話にすら出なかったから事情を知り様が無かったってのは ある(°ω°)
でも、誘拐された事は さくらさんから聞いたのか知ってる様なのに、そこから また連絡が つかなくなったのが判っても、平然と美春さんのライブで はしゃいでるからな・・・。

ライブが終わると、美春さんに かかりきりに なる お母様(°ω°)
彩夏さんの回想でも、彩夏さんが声をかけるも、それを無視して お母様は美春さんの世話を焼くという場面。
彩夏さんは「ねぇママ!私の事も見てよ!」と、人目も はばからず叫ぶ(°ω°)
そして、コングバイスタンプを自らに押印。
コング・デッドマンを出現させ「ほら見て、ママ」と泣きそうな表情で言う彩夏さん・・・もう、痛々しくて・・・(・ω・`)
お母様は「化け物!」と悲鳴を あげる。
・・・これは決して彩夏さんに言ったわけではなく、顔の向きから言ってもコング・デッドマンに対してだとは思うが・・・
彩夏さん的には、ここでも『自分を見てくれなかった』事が、一番堪えたんだろうな・・・(・ω・`)

・マンモスゲノム。
愛情を やらないと言われてスネるバイス(^_^;)
変身にも応じないので、とりあえず口先だけでも愛情を やるという事で やる気にさせる一輝さん(^_^;)

前回戦って有効だったマンモスゲノムでコング・デッドマンに応戦。
結構な人の前で変身したけど、まぁフェニックスとデッドマンの両方が割と公然の存在だし、正体バレも問題無いのか(´ω`)

ひとしきり攻撃すると、愛情をくれと言うライダーバイス(^_^;)変身時の背後のメッセージアプリ風の会話で『愛情』が何か解ってない様だが。
リバイは、ライダーバイスが受け皿の様にして差し出した手を、「愛情、愛情」と2回叩いて適当に あしらう(^_^;)雑い。
湧いて出たギフジュニアも、ライダーバイスが震脚で浮かせて、リバイがブーメランで片づける(´ω`)

アギレラ様。
字幕で見ると『夏木花』名義なんだが・・・アギレラ様もギフテクスで、この名前は人間時代のものって事か?(°ω°)
彩夏さんに寄り添い、上級契約を迫る。
「あんな親 捨てて、ギフ様の子供に なろ?」と・・・(°ω°)今の彩夏さんにとって、ベストかつ最悪の そそのかし方だよね・・・。

そして彩夏さんは、コング・デッドマンの前に出ると、コングバイスタンプを起動。
現れた黒い契約書に押印。・・・そうか、荒木さんも井端さんに止められなければ、あの時やってたって事か(・ω´・)
コングデッドマンが契約の書類のように舞い上がると、彩夏さんに吸い込まれていく。
リバイは止めようと飛び込むが・・・止められず・・・。

・コング・デッドマン・フェーズ2。
彩夏さん本人が悪魔になる事で、先ほどまでのコングより人間に近づいた・・・というより、悪魔感の増した姿に(・ω´・)
「今度は私がママを苦しめる番ね」と笑うコング・フェーズ2(・ω´・)

リバイは、お母様を狙うコング・フェーズ2に、「お前の家族なんだぞ!」と組み付いて止めようとするが・・・瞬間移動のような速さで躱され、踏みつけられてしまう(・ω´・;)
「もう違うわ。今日から私はギフ様の子供」と・・・(・ω´・;)
ライダーバイスも殴りかかるが、避けられる・・・(・ω´・;)このスピードは厄介だぞ・・・。

気を失った美春さんを連れ去ろうとするコング・フェーズ2。
ダメージで立ち上がれない中「家族だろ? なんで憎むんだよ?」と尋ねるリバイ。
コング・フェーズ2は「一輝くん。幸せな家族だけじゃないんだよ」と・・・。

・一輝さんと大二さん。
こんな事になっても銭湯のほうが大事なのかと、一輝さんに掴みかかる大二さん。

「自由気ままなヒーローごっこのつもりなら もう やめてくれ!」と。

一輝さんは、大二さんの力に なれればと思ってと主張するが・・・。

「だから誰も頼んでないんだよ!
 いつも そうやって誰かを理由にする。兄ちゃんのは おせっかいじゃなくて、ただの押し売りだ!」
「人の気持ちを分かった様な顔して、全然 分かってない!」

と言われてしまう。
すると売り言葉に買い言葉では あるだろうが

「だったらお前が変身すればいいだろ!」
「焦ってんのか知らないけどさ、変身できないからって俺に当たるなよ!」

と。
・・・一輝さん、それ絶対いま言っちゃいけないヤツ(・ω´・)
大二さんは一輝さんに掴みかかると

「そういうとこだよ」

と言って、行ってしまう。

バイス

「大二も愛情が足りねえんだな」

と(°ω°)
はたして大二さんに愛情が足りないのか、大二さんに向けられる愛情が足りないのか。

・お母様。
あ、五十嵐家の お母様の事ね(°ω°)紛らわしいから、ゼンカイジャーのほう同様 名前で呼ぶ事にするか。

幸実さんの お見舞いに来る一輝さん。
しかし気落ちした様子の一輝さんを見て、話を聞いてくれる幸実さん。

神経質な面がある大二さんの考えてる事が解らないと不満を漏らす一輝さん。
余計な事を考えてるから、いざって時に体が動かなくなるのだと。

幸実さんは、大二さんは『優しい』のだと言う。みんなの事も、自分の事も傷つけたくないのだと(°ω°)
それでも、大二さんなりに生き方を模索しているのだと言ってくれる。
そして

「一輝。
 人の気持ちに寄り添えるようになりなさい。強い人間なんて いない。みんな弱いのよ。
 あんたが後先考えずに動いた時、影で誰かが傷ついてるかもしれない。それに気づけないんだったら、いつまで経っても あんたは半人前の男よ」

と小突く(´ω`)
幸実さんに言われては納得せざるを得ないのか、一輝さんは照れ笑いしながら頷く(´ω`)

プテラバイスタンプ。
一輝さんが病院を出て、自分の自転車のところまで来ると、カゴにケースが入ってる事に気づく。
あけると、プテラバイスタンプが(´ω`)
大二さんの仕業だと気づき、大二さんに対する わだかまりも解けたかな(´ω`)

・「次は直接 あんたの口から言いなさいよ」
大二さんは幸実さんの病室に。
幸実さんの、この言い草、予め一輝さんに説教するように お願いしてたのか(^_^;)
自分を『優しい』と言ってもらうまで指定したのかな?(^_^;)だとしたら大した根性だけど。

・一輝さんとバイス
一輝さんは、しあわせ湯に戻ってくると、兄弟の写真を手に取り見つめる。

「気持ち悪いぞ。ずーっと動かない絵なんか見てさ」

と背中合わせで座るバイスが言う(´ω`)

バイス、お前の言うとおりだよ。
 おれ、愛情足りてなかった・・・」

と、反省した一輝さん(´ω`)
バイスに そんな風に言うくらいだから、結構 打ちひしがれてる感じは する。
でも、ここからだよ(´ω`)

・母娘。
ビルの屋上に居座り、美春さんを落とすと脅しながら、お母様に来るように要求するコング・フェーズ2。
大二さん達の正体が出張ってはいるが、攻撃して美春さんを落とされてはいけないので、下手に手出しできない。

そこへ一輝さんが、彩夏さんの お母様を連れて駆け付ける。
・・・彩夏さんに愛情を伝えるために(´ω`)
一輝さんは、コング・フェーズ2に・・・彩夏さんに「幸せな家族だけじゃない」と言われたが、やはり「家族だから」ってのは信条なんだな(´ω`)

「俺は日本一の おせっかいだからよ」

と(´ω`)
コング・フェーズ2も、一輝さんには並みならぬ想いがあるみたいだ(´ω`)両想い。
しかし、自嘲気味に笑うと、美春さんを その場に突き倒し、向かってくるコング・フェーズ2(・ω´・)
一輝さんは変身して止める。・・・ライダーバイスは、この場をリバイに任せてくれる(´ω`)珍しく空気読んだな。

母「彩夏!
  ・・・ごめんね。・・・美春の事ばかり気かけて、あなたの事を見て見ぬふりを していたのかもしれない。
  でもね・・・彩夏は、私の大事な娘。大好きに決まってるじゃない」
彩夏「もう遅い!
   この醜い姿からは、もう戻れない!」
母「そんなの関係ない!
  どんな姿だって、彩夏は私の大事な愛する娘・・・。
  彩夏、一緒に帰りましょう・・・」

ちょっと お母様の改心が、きっかけも無いうえ早すぎて、美春さんを助けるための方便なんじゃないかと疑ったが・・・結果そうじゃなくて良かった(´ω`)
きっと、アニデレの姉ヶ崎さんと みりあちゃんも悩んだ『お姉ちゃん だから』みたいなのが、他所の お母様より強く出てしまった結果なんだと思う(´ω`)
異形になってしまった子でも、我が子は我が子っていうシチュ、ウルトラマン80のテツオンみたいで好き・・・(´ω`)

・暴走。
彩夏さんの心は救われたが、コング・フェーズ2の体が暴走を始める(・ω´・;)
放たれるエネルギーで周囲が破壊され、美春さんが倒れていた付近ごと崩れて落下(・ω´・;)おいおい!

リバイは落ちた美春さんを追って飛び降りる。

プテラゲノム。
落下しながらプテラバイスタンプを使うリバイ(・ω´・)

音声は『上昇気流! 一流! 翼竜プテラ! Flying by! Complete!』
モチーフのライダーはファイズか(´ω`)スタンディングバイ。コンプリート。
胸部アーマーの開き方がアクセルフォーム感(´ω`)

瓦礫を蹴って美春さんに追いつくが、ここからどうする・・・。

ライダーバイス プテラゲノム。
・・・劇場版のGMで見た あの空飛ぶバイク、バイスだったのか(^_^;)CMじゃ乗ってるリバイはレックスゲノムっぽかったけど・・・別々に変身できるのか?
まぁ、さておき、美春さんを屋上へ届ける事に成功(´ω`)

リバイ「大二、ごめん。
    俺、こういう やり方しか できないから」
大二「・・・知ってる」
リバイ「俺、やるよ。仮面ライダー

これで兄弟の絆も元通り(´ω`)
さらに大二さんは、狩崎さんから聞いていた、フェーズ2を解除する方法を伝える。
狩崎さん曰く「ライダーキックだ!」との事(^_^;)あ、それでいいの?

・VS コング・デッドマン・フェーズ2。
街を高速で飛び回り逃げるコング・フェーズ2。
プテラゲノムのライダーバイスに乗り、追うリバイ(・ω´・)
コング・フェーズ2は、2台の車をリバイ達に投げてくる(・ω´・)
ぶつからないように、いったんレックスゲノムに切り替えて2台の隙間を通るリバイ(´ω`)・・・ライダーバイスはギリ当たって削られてる(^_^;)

一瞬コング・フェーズ2を見失ってしまうが、ライダーバイスが発見(´ω`)

バイスプテラ
音声は『必殺!撃ってな!見てな!プテラ!』・・・ライダーバイスが人型じゃないから組体操じゃないっぽいな(´ω`)
エネルギーの翼が生えたライダーバイスと、高速で駆けるリバイとの連携って感じ?(´ω`)

・レックス・スタンピングフィニッシュ。
プテラゲノムで ついた勢いのまま、レックスゲノムに切り替え、ライダーキック・・・『レックス・スタンピングフィニッシュ』で決める(・ω´・)
直撃すると、すれ違いざまに彩夏さんは解放される(´ω`)

着地し、リバイは彩夏さんをキャッチ(´ω`)3、2、1、ラブパワー爆発。

・彩夏さんと お母様。
フェニックスの施設に収容され、眠ったままの彩夏さん。
お母様は そんな彩夏さんのベッドの横に寄り添う(´ω`)もう、大丈夫だよね?

・契約。
フェニックスとの契約も正式に(´ω`)
大二さんから、装備としてリバイスドライバーとバイスタンプを受け取る一輝さん(´ω`)
ガンデフォンも支給され・・・バイスが離しかけてくるので即 伏せる(^_^;)でも これで、非変身時でも一輝さん以外とも会話できるのかな?

立ち退きの件に ついても、大二さんがフェニックスに掛け合ってくれるとの事(´ω`)
一件落着という事で、2人でお風呂に(´ω`)
『人間、どんな事があっても 熱い お風呂に浸かれば復活できるのよ by母ちゃん』らしい(´ω`)

・写真から消える一輝さん。
バイスが、兄弟の写真から一輝さんが消える瞬間を見る。何?(°ω°;)不吉なんだけど。
「なるほど」と笑う。この現象に心当たりが あるようだが・・・いったい。

○次回は「世直しライダー!裏切り者は誰だ!?」
お仕置き生配信(°ω°)ジャッジみたいな事する。
新しいリバイスは、クウガモチーフか(´ω`)
そしてリバイス以外のライダーも?(°ω°)例のドライバーか?誰だ?やっぱ狩崎さんか?

トロピカル~ジュ!プリキュア、第30話「大選挙! ローラが生徒会長!?」

○主な出来事。

・前回の あらすじ。
伝説のプリキュアから力を授かった(´ω`)

・生徒会選挙。
次期生徒会長を選ぶ選挙が近々あるようで、トロピカる部の面々が登校してくると、校門前で女子生徒が演説をしていた。

まなつさんは、生徒会長の引継ぎ云々というのが いまいちピンと来てなかったようだが
3年生だからと聞くと、あすかさんにトロピカる部を引退しないようにと、涙ながらに お願いする(^_^;)
幸い、あすかさんは まだ引退しないでいてくれるとの事(´ω`)受験とかは大丈夫かな?

そしてローラさん。
生徒会長=学校版の女王という認識をし、自分も立候補・・・というか「私、生徒会長に なる」と言い出す(^_^;)

・OP。
映像が替わるとしたら、ラメールも含めた全員での技『ランドビートダイナミック』が登場した このタイミングかな と思ったが、変化無しか(°ω°)
このまま変わらないとしたら、いつ以来だ? フレッシュ以降は おおよそ視聴済みで、変化が あったとも記憶してるし、それ以前って感じだな(°ω°)

・「なってみせるわ! 生徒会長に!」
グランオーシャンの女王になるには、まず学校のリーダーである生徒会長に なれなければ難しいという感じで、予行練習に なると言うローラさん(^_^;)まぁ、賛否あるが。
立候補の旨を伝えるべく生徒会室の前まで辿り着いたところで、話の流れで「なってみせるわ! 生徒会長に!」と高らかに言い放つローラさん(´ω`)

扉を開けると、中にまでローラさんの宣言が聞こえてたので、話が早い白鳥会長(^_^;)
ローラさんの前まで来る白鳥会長、あすかさんに視線を送る。・・・あすかさんも にらむ様に白鳥会長を見る。
この2人、未だ どんな因縁があるのか明かされないが・・・生徒会長の仕事が無くなって手隙になったら、白鳥会長のほうから積極的に接触してくるんだろうか?(°ω°)

・角田さん。
角田さんも立候補するらしく、申請の書類を持ってくる(・ω´・)おっ。
ローラさんは自分が生徒会長になると挑発、角田さんも口では「お互い頑張りましょう」と穏やかだが、双方バッチバチっスね(^_^;)
まぁ、何だかんだで人魚→幽霊疑惑の人物とは、同一人物と気づいて おられない様なので 個人的には一安心(´ω`)

・あとまわしの魔女の屋敷。
バトラーさんは、伝説のプリキュアが現れた事、そして大地のリングの出現に、何かを危惧している様子。
『人魚は なれない』とはいえ、人魚との関わりが深い今作のプリキュアに おいて『大地』のリングだけって気も しないから、もしや『海』のリングも あるとか?(°ω°)
・・・なるほど、そっちが手に入ってからOPの映像も差し替えかな?(´ω`)

さておき、バトラーさんに呼ばれて やって来るチョンギーレさん(°ω°)・・・そういや、カニ歩きしてる印象無かった(°ω°)なんか新鮮。
そして超ゼッタイヤラネーダの素をバトラーさんから渡される(°ω°)

・昼休みの選挙活動。
「私、生徒会長になるローラ・ラメールよ!」もう『なる』って言っちゃうんだ?(^_^;)
そして、誰も聴いちゃくれねぇ(^_^;)生徒会長選に興味なくても、可愛い子が喋ってたら男子生徒の半分くらいは振り向くくらいは すると思うが。

一条さんの演説。
こちらは凄い人気。
角田さんが理由を説明してくれるが・・・そうか、副会長さんだったか一条さん(°ω°)
生徒会の仕事に慣れてるのに加え、現会長である白鳥会長も推薦人として隣に立ってるし、最有力候補ってわけだな(°ω°)
角田さん曰く、一条さん一強すぎて誰も立候補すら しなかったらしい。
女王になる目的の一環として捉えてるローラさんは ともかく、その状況で立候補する角田さんも なかなか気骨あるよね(´ω`)

ともあれ、相手が強いと判り、燃えるローラさん。
より大きな声で道行く生徒を呼び止め、演説をする(´ω`)
生徒会長に なったら、週に1度は海に行き 海中で生活するようにする(^_^;)え?
生徒会長という呼び方も『女王』に する(^_^;)え?
大声で立ち止まった生徒達も、聞くに値しないと判断して歩き始める(^_^;)残当

一条さんの演説も終わり、聴衆の反応も良い。
それを見た あすかさんの表情(°ω°)

・桜川先生。
ローラさんが生徒会長選に出る事を喜んでくれる(´ω`)
トロピカる部との両立に関して気に かけてくれてるが、ローラさんが きちんと両立すると自信満々に言うので、安心した様子(´ω`)
というのも、白鳥会長もテニス部と両立していたらしい(°ω°)・・・テニス部だったのか。

そして あすかさんもテニス部だったようで、ダブルスを組んで地区大会優勝まで果たしたらしい(°ω°)・・・繋がりは、そこか。
あすかさん、テニスコートを見つめたり、ぶっとびフラミンゴスマッシュがテニスのスマッシュのフォームだし、そうかなとは思ってたけど(°ω°)
2人が不仲に なった理由は・・・如何に(°ω°)

・昼食。
トロピカる部室前で食べる(あすかさんを除く)面々。
みのりさんは、あすかさんがテニス部だった事を知っていたが、本人が話したがらなかったので、あえて言う事は しなかったそう(°ω°)
まぁ、そちらに関しては あすかさんに追求するわけにもいかないので話を終わらせ、生徒会長選に ついて。
ローラさんは、良い作戦を思いついたそうだが・・・悪い顔と笑い(^_^;)嫌な予感しかしないんだよ。・・・そして黙々と食べる みのりさん(^_^;)

・ローラさんの作戦。
一条さんの隣で演説をし、一条さんの公約を『部費1割増』→『部費5倍』、『校則の緩和』→『校則の撤廃』等、上回る条件で丸パクり(^_^;)こすい手を・・・。
仮に生徒達が甘言に流されて投票して、まかり間違ってローラさんが生徒女王になっても、公約不履行 待った無しだと思うの(^_^;)

「学校のお休みを増やします」は、スマプリあたりでも 言った気がするけど、カリキュラムが有るから生徒会長の権限じゃ無理(^_^;)
まなつさんが疑問に思わないのは通常運航としても、さんごさんも穏やかな表情で黙ってるのが(^_^;)もしかして無理だとは思ってるけど、慈愛の精神で黙ってるのか?
少し離れた壁際にいる みのりさんと あすかさんは確実に疑問には思ってるようだが(^_^;)
そして角田さんは、ついて行けないと呆れ気味(^_^;)あなたは正常です。疲れてもいません。したがって幽霊も見ていません。

通りかかった女子生徒のグループに声をかけてアピールするローラさん陣営。
しかし、その女子生徒達は一条さんに投票すると決めているとの事(°ω°)
ローラさんの公約も、そうなれば嬉しいけど、実現できるとは思えないと。
冷静な生徒さんが多いようで安心したよ(´ω`)

・最終演説に向けて。
昼食を食べながら相談。
まなつさんの提案で、基本に立ち返り ローラさんが本当に やりたい事を主張すべきという方針に。
また、海中で生活に関してもだが、実現可能であると説得力を持たせなければという事で、公約の具体的な実現方法を みんなで考える事に(´ω`)

さんごさんは、校則に関して、少しオシャレを してもいい様に できないかと言う(´ω`)
リップくらいなら先生に相談できるかもしれないという事で、一案としてローラさんはメモに記入する。

みのりさんは、図書室の蔵書数を増やす事を希望。ローラさんはメモを取る(´ω`)

海の中の生活に ついては、ダイビングスーツを着ればいいのではと あすかさんが提案。
まなつさんが、ダイビングスーツを貸してくれる心当たりがあると言い、そこから いっその事 スクーバの授業をするのは どうかと提案する。
ローラさんは、その案を いたく気に入ったようで、目を輝かせながらメモに記入(´ω`)
・・・まぁ、これも通常授業の代わりに とかってのは無理だろうけど・・・サンドアート大会みたいなイベントにすれば、あるいは?

他にもアイディアを募るローラさん。
ここまで ほぼ人任せだが・・・自身の意見は、最後に まとめると言う(^_^;)

・チョンギーレさん。
街で市長選の演説をする男性、そして聴衆の やる気パワーに目をつけ、選挙カーを媒体に超ゼッタイヤラネーダを召喚(・ω´・)

アイキャッチ
お! ラメールバージョン!(´ω`)初だっけかな?

・残されたローラさん。
最終演説の時間が迫る中、ヤラネーダの出現に気づいた まなつさん達。
ローラさんに、自分達でアイディアを出し合った公約を託し、まなつさん達は現場へ向かう。

不安げなローラさん。
いつかの校内放送の時と、シチュエーションは似ている(°ω°)

・最終演説。
一番手は角田さん。
風紀委員長である強みを生かし、より学校の風紀を良くするという演説。
校則の緩和ではなく、一層の順守のほうをアピールするってのは、選挙に おいては不利に なりそうだけど、そこを真っ向から行くの角田さんらしいな(´ω`)

プリキュア・トロピカルチェンジ!
まなつさん達、駆けつけて変身。

5人揃わないから名乗りは無しだ(°ω°)
「1人迷子だ」みたいに茶化す場面でもない。今は別の場所で戦うローラさんが来るまでは やらない!(・ω´・)

・一条さんの最終演説。
白鳥会長の良きところを引き継ぎつつ、自分なりに さらに良くしていこうという気概(´ω`)
副会長も やってるし、この子に任せておけば間違いない感はある(´ω`)

そして、最後に・・・心配で、気も そぞろのローラさんの番。
角田さんに声を かけられ、ハッとするが、真剣な面持ちで進み出るローラさん(・ω´・)

・VS 超ゼッタイヤラネーダ。
やはり手強い超ゼッタイヤラネーダ(・ω´・)街中の水が媒体だった前回ほど大惨事ではないが・・・単体で十分強いのは間違いない。
それでも、ローラさんが来るまで耐えると気合を入れ直すサマー達(・ω´・)
すると、チョンギーレさんにも、1人足りない事を指摘される(・ω´・)チョンギーレさんよ。別に怖気づいたわけじゃないからね。勘違いしないように。

・ローラさんの最終演説。
「生徒会長に立候補したローラ・ラメールです。
 私は、私が やりたい事を、こんな学校だったら いいなって事を、一生懸命 考えました。
 このノートにバッチリまとめたから、紹介したいと思います」
「言っとくけど、私が生徒会長になれば楽しい学校になるのは間違いないんだから、安心して私に投票して いいわよ。
 でもね・・・最終演説は ちょっと待ってほしいの。
 ここに書いたアイディアを一緒に考えてくれた仲間が、今 困ってると思うから。悪いけど、私・・・行かないと。
 戻ってから たっぷりスピーチを聞かせてあげるわ!
 楽しみに待ってて!」
そう言って走り出すローラさん(´ω`)

・ラメール。
駆けつけたローラさんは変身。

演説が うまくいったかサマー達に尋ねられると、途中で出てきたと言うラメール。
「あなた達を放っておいて楽しい学校にしますだなんて言えないわ」と(´ω`)・・・泣く。

ラメールを加えて5人で一斉攻撃(´ω`)
そして やる気パワーカムバック(・ω´・)色は、黄緑。

プリキュア・ランドビートダイナミック。
おめかしアップで一気に浄化(´ω`)完了。ビクトリー!

・選挙の結果。
ローラさん陣営が戻ると、投開票は もう済んでいて、一条さんが次期生徒会長に決定(^_^;)待ってもらえなかったのね。
角田さん曰く、演説を抜け出した時点で失格だったらしい。
教えてくれようとしたけど、ローラさんが出て行くのが早くて伝えられなかったらしい(´ω`)角田さんのフェアプレー精神。ローラさんを良いライバルと思ってくれてたのかもな。

一条さんとの票差は圧倒的だったと振り返る角田さん。
ローラ「私は最終演説を ちゃんとやってたら、絶対に勝ってたわね」
角田「そうかもね」
やれやれ顔で しれっと言う角田さん好き(´ω`)

ローラさんは、最終演説をすれば勝てていたという証明として、ノートを角田さんに見せる。
すると、思いのほか きちんと考えられたアイディアが たくさん記されていたためか、驚く角田さん(´ω`)
・・・これによって角田さんがローラさんと もっと打ち解けるといいな(´ω`)

何にしろ、予行練習としては成功と感じ、手鏡にはグランオーシャンの女王になった自分の姿が見えると上機嫌のローラさん(´ω`)

○次回は「トラブル列車! あすかの修学旅行!」
3年生は修学旅行(´ω`)あすかさんは不在になるか。
・・・修学旅行先への電車に、なぜか居るローラさん(^_^;)怖っ。生徒会長選に立候補した奴が、翌週には授業ボイコットとか。
しかし、そっちにドクター・ヌメリーが現れた(°ω°)やる気パワーカムバックできる分、居てくれて却って助かった感じか。
白鳥会長との因縁も、少し掘り下げられそうな雰囲気?(°ω°)

トロピカル~ジュ!プリキュア、第30話「大選挙! ローラが生徒会長!?」

○主な出来事。

・前回の あらすじ。
伝説のプリキュアから力を授かった(´ω`)

・生徒会選挙。
次期生徒会長を選ぶ選挙が近々あるようで、トロピカる部の面々が登校してくると、校門前で女子生徒が演説をしていた。

まなつさんは、生徒会長の引継ぎ云々というのが いまいちピンと来てなかったようだが
3年生だからと聞くと、あすかさんにトロピカる部を引退しないようにと、涙ながらに お願いする(^_^;)
幸い、あすかさんは まだ引退しないでいてくれるとの事(´ω`)受験とかは大丈夫かな?

そしてローラさん。
生徒会長=学校版の女王という認識をし、自分も立候補・・・というか「私、生徒会長に なる」と言い出す(^_^;)

・OP。
映像が替わるとしたら、ラメールも含めた全員での技『ランドビートダイナミック』が登場した このタイミングかな と思ったが、変化無しか(°ω°)
このまま変わらないとしたら、いつ以来だ? フレッシュ以降は おおよそ視聴済みで、変化が あったとも記憶してるし、それ以前って感じだな(°ω°)

・「なってみせるわ! 生徒会長に!」
グランオーシャンの女王になるには、まず学校のリーダーである生徒会長に なれなければ難しいという感じで、予行練習に なると言うローラさん(^_^;)まぁ、賛否あるが。
立候補の旨を伝えるべく生徒会室の前まで辿り着いたところで、話の流れで「なってみせるわ! 生徒会長に!」と高らかに言い放つローラさん(´ω`)

扉を開けると、中にまでローラさんの宣言が聞こえてたので、話が早い白鳥会長(^_^;)
ローラさんの前まで来る白鳥会長、あすかさんに視線を送る。・・・あすかさんも にらむ様に白鳥会長を見る。
この2人、未だ どんな因縁があるのか明かされないが・・・生徒会長の仕事が無くなって手隙になったら、白鳥会長のほうから積極的に接触してくるんだろうか?(°ω°)

・角田さん。
角田さんも立候補するらしく、申請の書類を持ってくる(・ω´・)おっ。
ローラさんは自分が生徒会長になると挑発、角田さんも口では「お互い頑張りましょう」と穏やかだが、双方バッチバチっスね(^_^;)
まぁ、何だかんだで人魚→幽霊疑惑の人物とは、同一人物と気づいて おられない様なので 個人的には一安心(´ω`)

・あとまわしの魔女の屋敷。
バトラーさんは、伝説のプリキュアが現れた事、そして大地のリングの出現に、何かを危惧している様子。
『人魚は なれない』とはいえ、人魚との関わりが深い今作のプリキュアに おいて『大地』のリングだけって気も しないから、もしや『海』のリングも あるとか?(°ω°)
・・・なるほど、そっちが手に入ってからOPの映像も差し替えかな?(´ω`)

さておき、バトラーさんに呼ばれて やって来るチョンギーレさん(°ω°)・・・そういや、カニ歩きしてる印象無かった(°ω°)なんか新鮮。
そして超ゼッタイヤラネーダの素をバトラーさんから渡される(°ω°)

・昼休みの選挙活動。
「私、生徒会長になるローラ・ラメールよ!」もう『なる』って言っちゃうんだ?(^_^;)
そして、誰も聴いちゃくれねぇ(^_^;)生徒会長選に興味なくても、可愛い子が喋ってたら男子生徒の半分くらいは振り向くくらいは すると思うが。

一条さんの演説。
こちらは凄い人気。
角田さんが理由を説明してくれるが・・・そうか、副会長さんだったか一条さん(°ω°)
生徒会の仕事に慣れてるのに加え、現会長である白鳥会長も推薦人として隣に立ってるし、最有力候補ってわけだな(°ω°)
角田さん曰く、一条さん一強すぎて誰も立候補すら しなかったらしい。
女王になる目的の一環として捉えてるローラさんは ともかく、その状況で立候補する角田さんも なかなか気骨あるよね(´ω`)

ともあれ、相手が強いと判り、燃えるローラさん。
より大きな声で道行く生徒を呼び止め、演説をする(´ω`)
生徒会長に なったら、週に1度は海に行き 海中で生活するようにする(^_^;)え?
生徒会長という呼び方も『女王』に する(^_^;)え?
大声で立ち止まった生徒達も、聞くに値しないと判断して歩き始める(^_^;)残当

一条さんの演説も終わり、聴衆の反応も良い。
それを見た あすかさんの表情(°ω°)

・桜川先生。
ローラさんが生徒会長選に出る事を喜んでくれる(´ω`)
トロピカる部との両立に関して気に かけてくれてるが、ローラさんが きちんと両立すると自信満々に言うので、安心した様子(´ω`)
というのも、白鳥会長もテニス部と両立していたらしい(°ω°)・・・テニス部だったのか。

そして あすかさんもテニス部だったようで、ダブルスを組んで地区大会優勝まで果たしたらしい(°ω°)・・・繋がりは、そこか。
あすかさん、テニスコートを見つめたり、ぶっとびフラミンゴスマッシュがテニスのスマッシュのフォームだし、そうかなとは思ってたけど(°ω°)
2人が不仲に なった理由は・・・如何に(°ω°)

・昼食。
トロピカる部室前で食べる(あすかさんを除く)面々。
みのりさんは、あすかさんがテニス部だった事を知っていたが、本人が話したがらなかったので、あえて言う事は しなかったそう(°ω°)
まぁ、そちらに関しては あすかさんに追求するわけにもいかないので話を終わらせ、生徒会長選に ついて。
ローラさんは、良い作戦を思いついたそうだが・・・悪い顔と笑い(^_^;)嫌な予感しかしないんだよ。・・・そして黙々と食べる みのりさん(^_^;)

・ローラさんの作戦。
一条さんの隣で演説をし、一条さんの公約を『部費1割増』→『部費5倍』、『校則の緩和』→『校則の撤廃』等、上回る条件で丸パクり(^_^;)こすい手を・・・。
仮に生徒達が甘言に流されて投票して、まかり間違ってローラさんが生徒女王になっても、公約不履行 待った無しだと思うの(^_^;)

「学校のお休みを増やします」は、スマプリあたりでも 言った気がするけど、カリキュラムが有るから生徒会長の権限じゃ無理(^_^;)
まなつさんが疑問に思わないのは通常運航としても、さんごさんも穏やかな表情で黙ってるのが(^_^;)もしかして無理だとは思ってるけど、慈愛の精神で黙ってるのか?
少し離れた壁際にいる みのりさんと あすかさんは確実に疑問には思ってるようだが(^_^;)
そして角田さんは、ついて行けないと呆れ気味(^_^;)あなたは正常です。疲れてもいません。したがって幽霊も見ていません。

通りかかった女子生徒のグループに声をかけてアピールするローラさん陣営。
しかし、その女子生徒達は一条さんに投票すると決めているとの事(°ω°)
ローラさんの公約も、そうなれば嬉しいけど、実現できるとは思えないと。
冷静な生徒さんが多いようで安心したよ(´ω`)

・最終演説に向けて。
昼食を食べながら相談。
まなつさんの提案で、基本に立ち返り ローラさんが本当に やりたい事を主張すべきという方針に。
また、海中で生活に関してもだが、実現可能であると説得力を持たせなければという事で、公約の具体的な実現方法を みんなで考える事に(´ω`)

さんごさんは、校則に関して、少しオシャレを してもいい様に できないかと言う(´ω`)
リップくらいなら先生に相談できるかもしれないという事で、一案としてローラさんはメモに記入する。

みのりさんは、図書室の蔵書数を増やす事を希望。ローラさんはメモを取る(´ω`)

海の中の生活に ついては、ダイビングスーツを着ればいいのではと あすかさんが提案。
まなつさんが、ダイビングスーツを貸してくれる心当たりがあると言い、そこから いっその事 スクーバの授業をするのは どうかと提案する。
ローラさんは、その案を いたく気に入ったようで、目を輝かせながらメモに記入(´ω`)
・・・まぁ、これも通常授業の代わりに とかってのは無理だろうけど・・・サンドアート大会みたいなイベントにすれば、あるいは?

他にもアイディアを募るローラさん。
ここまで ほぼ人任せだが・・・自身の意見は、最後に まとめると言う(^_^;)

・チョンギーレさん。
街で市長選の演説をする男性、そして聴衆の やる気パワーに目をつけ、選挙カーを媒体に超ゼッタイヤラネーダを召喚(・ω´・)

アイキャッチ
お! ラメールバージョン!(´ω`)初だっけかな?

・残されたローラさん。
最終演説の時間が迫る中、ヤラネーダの出現に気づいた まなつさん達。
ローラさんに、自分達でアイディアを出し合った公約を託し、まなつさん達は現場へ向かう。

不安げなローラさん。
いつかの校内放送の時と、シチュエーションは似ている(°ω°)

・最終演説。
一番手は角田さん。
風紀委員長である強みを生かし、より学校の風紀を良くするという演説。
校則の緩和ではなく、一層の順守のほうをアピールするってのは、選挙に おいては不利に なりそうだけど、そこを真っ向から行くの角田さんらしいな(´ω`)

プリキュア・トロピカルチェンジ!
まなつさん達、駆けつけて変身。

5人揃わないから名乗りは無しだ(°ω°)
「1人迷子だ」みたいに茶化す場面でもない。今は別の場所で戦うローラさんが来るまでは やらない!(・ω´・)

・一条さんの最終演説。
白鳥会長の良きところを引き継ぎつつ、自分なりに さらに良くしていこうという気概(´ω`)
副会長も やってるし、この子に任せておけば間違いない感はある(´ω`)

そして、最後に・・・心配で、気も そぞろのローラさんの番。
角田さんに声を かけられ、ハッとするが、真剣な面持ちで進み出るローラさん(・ω´・)

・VS 超ゼッタイヤラネーダ。
やはり手強い超ゼッタイヤラネーダ(・ω´・)街中の水が媒体だった前回ほど大惨事ではないが・・・単体で十分強いのは間違いない。
それでも、ローラさんが来るまで耐えると気合を入れ直すサマー達(・ω´・)
すると、チョンギーレさんにも、1人足りない事を指摘される(・ω´・)チョンギーレさんよ。別に怖気づいたわけじゃないからね。勘違いしないように。

・ローラさんの最終演説。
「生徒会長に立候補したローラ・ラメールです。
 私は、私が やりたい事を、こんな学校だったら いいなって事を、一生懸命 考えました。
 このノートにバッチリまとめたから、紹介したいと思います」
「言っとくけど、私が生徒会長になれば楽しい学校になるのは間違いないんだから、安心して私に投票して いいわよ。
 でもね・・・最終演説は ちょっと待ってほしいの。
 ここに書いたアイディアを一緒に考えてくれた仲間が、今 困ってると思うから。悪いけど、私・・・行かないと。
 戻ってから たっぷりスピーチを聞かせてあげるわ!
 楽しみに待ってて!」
そう言って走り出すローラさん(´ω`)

・ラメール。
駆けつけたローラさんは変身。

演説が うまくいったかサマー達に尋ねられると、途中で出てきたと言うラメール。
「あなた達を放っておいて楽しい学校にしますだなんて言えないわ」と(´ω`)・・・泣く。

ラメールを加えて5人で一斉攻撃(´ω`)
そして やる気パワーカムバック(・ω´・)色は、黄緑。

プリキュア・ランドビートダイナミック。
おめかしアップで一気に浄化(´ω`)完了。ビクトリー!

・選挙の結果。
ローラさん陣営が戻ると、投開票は もう済んでいて、一条さんが次期生徒会長に決定(^_^;)待ってもらえなかったのね。
角田さん曰く、演説を抜け出した時点で失格だったらしい。
教えてくれようとしたけど、ローラさんが出て行くのが早くて伝えられなかったらしい(´ω`)角田さんのフェアプレー精神。ローラさんを良いライバルと思ってくれてたのかもな。

一条さんとの票差は圧倒的だったと振り返る角田さん。
ローラ「私は最終演説を ちゃんとやってたら、絶対に勝ってたわね」
角田「そうかもね」
やれやれ顔で しれっと言う角田さん好き(´ω`)

ローラさんは、最終演説をすれば勝てていたという証明として、ノートを角田さんに見せる。
すると、思いのほか きちんと考えられたアイディアが たくさん記されていたためか、驚く角田さん(´ω`)
・・・これによって角田さんがローラさんと もっと打ち解けるといいな(´ω`)

何にしろ、予行練習としては成功と感じ、手鏡にはグランオーシャンの女王になった自分の姿が見えると上機嫌のローラさん(´ω`)

○次回は「トラブル列車! あすかの修学旅行!」
3年生は修学旅行(´ω`)あすかさんは不在になるか。
・・・修学旅行先への電車に、なぜか居るローラさん(^_^;)怖っ。生徒会長選に立候補した奴が、翌週には授業ボイコットとか。
しかし、そっちにドクター・ヌメリーが現れた(°ω°)やる気パワーカムバックできる分、居てくれて却って助かった感じか。
白鳥会長との因縁も、少し掘り下げられそうな雰囲気?(°ω°)