トモヤの気まぐれで書かれるブログ。

yahooブログから移行してきた者です。ニチアサや深夜アニメの箇条書きの説明&感想しか書いてないけど、良かったら読んでください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー、第46話「気高き騎士竜たち」

スクスト、新星導変身がさっちゃん&ターニャちゃんとか、俺に刺さり過ぎる(´∀`)欲しい。ぜひ欲しい。
溜めておいたガチャ券で引けるといいけど(^_^;)

○主な出来事。
・「どういう事だ!エラス!」
意に沿わない行動を起こしたヤバソードの事で、忠実な仲間を生んでくれたのではないのかとエラス様に直談判するプリシャス。
すると、エラス様によってか、再びヤバソードが暴れ出しプリシャスを狙う(・ω´・;)
プリシャスはやむを得ずヤバソードを始末し、エラス様を呼び捨てにして追及する。
が・・・。

・「僕らの使命を果たそう」
エラス様からの意思の様なものを頭に直に受けるプリシャス。
プリシャスは「そんな・・・だからって・・・」と漏らし、ショックを受けた様子だが・・・。
それでもすぐにいつもの調子を取り戻し、ガンジョージに声をかけ、使命を果たそうと言って行動を開始する。
・・・今まで使命なんて言った事なかったと思うが・・・エラス様の意思のようなものによる影響なのか・・・?(°ω°)

・ヤバソードの心臓のカードを拾う手。
このチェック模様の手は・・・!(・ω´・)

・「ヤバソードの力を見て解った。エラスは力を増してる。俺達では太刀打ちできない」
マスターブラックの冷静な分析(・ω´・)
それをどうにかしてひっくり返すのが従来のスーパー戦隊だが
リュウソウジャーは良くも悪くも従来とは違うから、マジで倒せないルートかもしれない(・ω´・)カクレンジャーも封印エンドだったが。

・ティラミーゴの提案。
自分達騎士竜とリュウソウカリバーの力で、再びエラス様を封印するという。
しかしメルトは、そもそもリュウソウカリバーの力が弱まったために封印を解く事にしたのだから、出来ないのではないかと。
コウは、ティラミーゴ達を再び封印するのは嫌だと。・・・別れは辛い(・ω´・)

・コウとティラミーゴ。
ティラミーゴの誘いで、外で2人で話す。
みんなの前では恥ずかしくて言いづらいので外へ出てきたようだが、ティラミーゴは、コウの事が大好きだと言う(´ω`)
コウのためなら封印されてもかまわないと・・・(°ω°)

・使命。
ピーたんも、ティラミーゴ達だけで足りなければ自分やディメボルケーノ達の力も使えばいいと言う(・ω´・)
依然として封印されるのは嫌みたいだが、場面が切り替わってティラミーゴのセリフになるが
「お前が傷つくほうが嫌だ」というのは、ピーたんも含め、騎士竜全員の総意だろう・・・(・ω´・)
ティラミーゴもピーたんも、きっと他の騎士竜達も、戦いの中でコウ達みんなの事を好きになっていた。
そんなみんなを救うために、エラス様を封印するのは、騎士竜の使命なのだと(・ω´・)
だから、コウ達もリュウソウジャーの使命を果たせと(・ω´・)

・「あんたはここにいろ。
  プリシャスから取り戻した心臓がまだ馴染んでないんだろ。足手まといだ」
プリシャスの罠を警戒して偵察に行くと言うマスターブラックを止めるバンバ(・ω´・)
言葉こそ辛辣だが、トワが言うように、マスターブラックの身を案じての事(´ω`)素直じゃないんだからなぁ。
「ヒューヒュー!」
「うるさいっ!さっさと行け!」
マスターブラック、おこ(^_^;)

・「俺達の使命を果たす」
6人揃い踏みで、封印すべくエラス様の元へ(・ω´・)

・結界。
近づく者に攻撃する装置と、入ろうとしても入れない結界(・ω´・)
コスモソウルでも突破できないとか、事実上リュウソウジャーの装備では越えられないんじゃ・・・?(・ω´・;)詰み・・・?
ブルーの見立てでは、リュウソウルに反応しているのかもしれないとの事(・ω´・)

・ガンジョージ。
中から出て来た(・ω´・)ガンジョージが通れるってんなら、ブルーの読みは当たりか・・・?

・突入。
チェンジを解き、リュウソウケンもリュウソウルも置いて突入する。
ブルーの予想通りらしく、無事結界を越えられたが、丸腰で行くのは・・・(・ω´・;)
中から結界を解除するつもりらしいが・・・1人では危険だとアスナがあとを追う。

・セトーさん。
養生中のマスターブラックの元へ現れる(°ω°)唐突だな。
マスターブラックから、コウ達が全騎士竜の力を使ったエラス様の封印に向かったと聞いて、現場へ向かう(・ω´・)

・結界の発生装置。
コウとアスナはそれらしいものを発見(・ω´・)
破壊しようと近づくと、プリシャスが現れる(・ω´・;)明滅による暗転からの出現、ビビる。
アスナはせめてもの備えとして、壁面をえぐり取って盾にしながら突撃。
しかし、プリシャスに蹴り一発で返り討ちにされてしまう(・ω´・;)チェンジしないとさすがに幹部クラスは・・・。

・横切る影。
ガンジョージに苦戦するグリーンとブラックの横を通り過ぎていく人影(・ω´・)セトーさんか!

・セトーさんの策。
ピンチのコウとアスナの元に駆け付けるセトーさん(´∀`)カッコいい。
エラス様を見つけた段階で、施しておいた策(・ω´・)
地中に埋めておいた鎧・・・これは!(・ω´・)

リュウソウブラウン。
茶色のガイソーグ(´∀`)一応、竜装チェンジなんだな?
リュウソウ・・・茶色」
「いや、せめてブラウンって言ってよ」
カッコよく決めるとこなのに決まらない(^_^;)

・「嘘だろ・・・?」
つまずいて自滅(^_^;)プリシャスも(悪い意味で)信じられない。

・「見た目は騎士だが、中身はおっさんです」
つまり、着てる分、ガイソーグくらいの防御力はあるだろうけど、戦闘能力は尚久さんのままなのね(^_^;)

・ダイナミックキャッチ。
猫だましからの、ベタな注意の反らし方からの、抱き着き(^_^;)
本来、これ通用する手合いじゃないだろプリシャス(^_^;)どこぞのグレイテストエンターティナーじゃあるまいし。
まぁ何にしろブラウンがプリシャスを抑えてる隙に、コウがブラウンのガイソーケンを使って結界の装置を破壊(´∀`)

・ディーノスラッシュ。
「コウとアスナが待ってるんだ」といつに無くマジのブルー(・ω´・)
そして4人一斉のディーノスラッシュでガンジョージを撃破(・ω´・)洞窟へ突入。

・「大事な仲間なら、そばにいて守ってやれ」
ブルー達が駆けつけると、足止めできなかったガンジョージに対して怒るプリシャス。
そしてブラックのこのセリフ(´ω`)ブラックが言うのがいいよね。

・名乗り。
コウとアスナリュウソウケンとリュウソウルが渡され、チェンジ(´ω`)
「勇猛の騎士!リュウソウレッド!」
「叡智の騎士!リュウソウブルー!」
「剛健の騎士!リュウソウピンク!」
「疾風の騎士!リュウソウグリーン!」
「威風の騎士!リュウソウブラック!」
「栄光の騎士!リュウソウゴールド!」
「・・・あっ」
「「「「「「正義に仕える気高き魂!」」」」」」
「「「「「「騎士竜戦隊リュウソウジャー!」」」」」」「これはやりたかった」
最後だけ体裁を整えるブラウン(^_^;)

・VSプリシャス。
総力戦(・ω´・)
レッドはマックスレッドに、ゴールドはノブレスゴールドにチェンジ。
しかし1人1人の攻撃では有効打を与えられない(・ω´・)
ブラックがブラウンに協力を求める。
ブラックのノビソウルに、ブラウンがカタソウルを上乗せ(・ω´・)疑似的にマックスレッドの能力を再現か!
グリーンのハヤソウルに、ブラウンがビュービューソウルで後押し(´∀`)
ピンクのオモソウルに、ブラウンがヒエヒエソウルでプリシャスの動きをより強固に止め
ブルーがドッシンソウルで攻めるのを、ブラウンがフエソウルでかく乱する(´∀`)
とどめにマックスレッドとノブレスゴールドが必殺の斬撃で決める(・ω´・)

・「がぁぁ・・・疲れた・・・」
 「セトー!」
 「気にするな。私も、限界を越えてみただけだ」
セトーさん(´ω`)
そしてセトーさんは力尽き、魂が消滅。
・・・狭間に帰っていったのか、完全に消えたのかはわからないが。
「お前達の未来を守れ」と言い残して・・・。
ちょっと変身直後はギャグっぽかったが、最後の最後に決めてくれたな(´ω`)ありがとう、セトーさん。

・尚久さん。
危ないからお帰りください(^_^;)

リュウソウ族の真実。
エラス様の元まで戻ったプリシャスを追い詰めるリュウソウジャー。
しかし、そこでプリシャスから聞かされたのは衝撃の内容(・ω´・)
エラス様から初めて生み出されたのは、リュウソウ族だったという(・ω´・;)
リュウソウ族は、元々エラス様から地球を守るために生み出されたが、身勝手な進化の末に、争い、地球を傷つけたのだと。
・・・陸と海のリュウソウ族の確執になった戦いか・・・(・ω´・)
だからエラス様は、リュウソウ族を駆逐するためにドルイドンを生んだらしい。
プリシャスはリュウソウ族を駆逐するという使命を果たすと言う。・・・これも使命・・・。

・「ジャスト・ア・モーメント!」
き、き、き、キター!!(´∀`)我らがグレイテストエンターティナー!

クレオン。
「確かにエラス様は、リュウソウ族を駆逐するためにドルイドンを生み出した。
 でも、そのドルイドンが今度は地球を侵略しようとしだしたから、どっちも駆逐しようとしてるんだ!」
しゃしゃる(^_^;)ワイズルーが何のために出てきたのかわからん。

・「ぜ~んぶしゃべっちゃったでしょ・・・。
  ここは私の崇高な推理を披露する見せ場だったのにもぉ~いやぁっ・・・」
ほら、拗ねちゃった(^_^;)

・「これ以上観客がいなくなるのは辛い。
  もうやめよう。プリシャス」
破れたヤバソードの心臓のカードを見つめ、プリシャスに手を差し伸べるワイズルー。
プリシャスもその手に、手を伸ばし・・・。

・「危ないプリシャス!」
プリシャスの手を取ろうとしたプリシャスに、エラス様が、攻撃と思われる光る触手を伸ばす(・ω´・;)
クレオンが身を挺して守ろうとするが、触手は、そのクレオンの体ごとプリシャスを貫く。

・「この星を作り直す」
貫いたクレオンを介してエラス様が・・・(・ω´・;)
規模は地球だけだが、この前までプリキュアでやってたような事を言い出す(・ω´・;)

・エラス様進化態。
エラス様はプリシャスの体を取り込み、姿を変える(・ω´・)
自由に動ける体を得て、自ら行動を起こそうってか(・ω´・;)
「この星を作り直す」と、エラス様本来の声とプリシャスの声とが重なった声で言うと、怪しげな光を放つ(・ω´・)

○次回は「幸福と絶望の間で」
エラス様、いったい何を始めようって・・・(・ω´・;)
地球はどうなってしまうのか・・・。