トモヤの気まぐれで書かれるブログ。

yahooブログから移行してきた者です。ニチアサや深夜アニメの箇条書きの説明&感想しか書いてないけど、良かったら読んでください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー、第44話「試されたキズナ」

○主な出来事。
クレオン。
ドルン兵2人を連れて歩く中、誰かに自分を認めて欲しかったという本音を吐露するクレオン。
そして、心臓のカードを手に、まだ生きているかもしれないワイズルーを探しに行くから止めるなと言う(・ω´・)クレオン・・・。
「止めるなら、今だよ!」はよ行け(^_^;)

・OP。
劇場版映像。
・・・!
スーパーパトレン2号!(・ω´・;)スーパールパンイエロー!
これは、スペシャルな演出だな(´∀`)

・人質のオトさん。
リュウソウカリバーを渡すように要求するサデンは、拒否させないように捕らえたオトさんを見せる(・ω´・;)
カナロが突っ込んでいくが、返り討ちにあい、コウ達はチェンジしようとするが、サデンはオトさんを盾にチェンジさせない(・ω´・;)
メルトは、コウにリュウソウカリバーを渡すように促す。
コウはそれに応じ、リュウソウカリバーを召喚すると、サデンに向かって歩き出す(・ω´・)

・オトさん救出。
コウが近づいた事で死角になり、サデンからメルトが見えなくなったところでメルトはチェンジ!
ドッシンソウルを強竜装して、足場への衝撃でサデンや周囲のドルン兵の体勢を崩す(´∀`)
その隙にカナロはオトさんを救出(´ω`)他のみんなも気兼ねなく反撃に出る。

・「メルトの目を見て、考えてる事がわかったんだ」
 「オトちゃんもリュウソウカリバーも諦めない。・・・お前の真似だけどな」
 「!・・・だな!」
コウは、リュウソウカリバーを召喚した後、横に移動しサデンの正面に立ったところで、メルトにドッシンソウルを渡していたのか(´ω`)
コウとメルトのこの信頼関係よ(´ω`)

・「大丈夫か?ケガしてないか?」
 「うん!・・・メルト君!」
  (ブルーに駆け寄り、抱き着き)
 「ありがと」
お兄ちゃんショック(^_^;)
しかし、オトさんを助けた見事な作戦に、弟(妹の婿)と認めるに至る(^_^;)成長したなカナロ。

・「正義に仕える気高き魂!騎士竜戦隊リュウソウジャー!」
戦いながらの個人名乗り→集合名乗りしながらの全員でのディーノスラッシュ(´∀`)
しかも一列に連なってケントロスパイカーみたいな突破力重視型(´∀`)
さすがのサデンも、撤退する(´ω`)

・キケソウル。
バンバはキケソウルでエラス様の居場所を探る。
サデンが逃げる音があれば、そっちの可能性が高いか(°ω°)
そして、その間、オトさんはカナロに促されて帰っていく(´ω`)みんな強いから安心して。

・ガンジョージ。
だいぶ喋れるようになってる(°ω°)
同型の弟に、プリシャスに仕えるように心構えを教えている(°ω°)

・ヤバソード。
また新たに生まれた(・ω´・)
今度はガンジョージとは別の形だ(°ω°)名前からして剣を使うタイプか。

・オトさんからのテレパシー。
プリシャスがガンジョージ兄を連れて、ヤバソードを教育するために街を破壊させてる(・ω´・)
それをオトさんがカナロに伝えてくれる(°ω°)
そちらへの対処は、コウとアスナが名乗り出てくれる(°ω°)
エラス様を倒すために、コウはリュウソウカリバーをカナロに託す。

・洞窟内。
エラス様のいる洞窟へ踏み込むメルト、バンバ、トワ、カナロ。
そこへ、サデンとガンジョージ弟が行く手を阻む(・ω´・)

・レッドとピンク。
街で暴れてるヤバソード達に応戦。
プリシャス自身は積極的に戦わないのが幸いだが、それでも2人共幹部クラスと1対1だから、なかなかキツイな(・ω´・)
レッドはマックスレッドになり、ピンクをフォローしながら戦う。

・「1人で戦ってどうすんの!俺達2人いるんだから!行くよ兄さん!」
 「ああ!」
サデンから「まだまだ甘いな」と挑発されたせいか、1対1で戦おうとするブラック(・ω´・)
グリーンは、2人いるんだから協力して戦おうと言う(´ω`)
冷静さを取り戻したブラックはそれに応じ、連携して攻勢に出る事に(´ω`)
ブラックがカタソウルでサデンの攻撃を受け止めつつ、グリーンはマワリソウルで高速回転斬り(´ω`)
攻撃を受けつつ、サデンは2人の連携に何か思うところがあるようだ(°ω°)

・「逃げ続けるつもりか?」
街にドルイドンが出たから力を貸してほしいとピーたんにお願いするオトさん(°ω°)
しかしプリシャスへのトラウマがひどく、戦う気力を失っているピーたん。
そんなピーたんをティラミーゴが一喝する(・ω´・)

・背中合わせ。
中合わせでガンジョージ兄とヤバソードとの戦いに臨むマックスレッドとピンク。
しかし横からプリシャスが攻撃を仕掛けて、2人は変身解除・・・(・ω´・;)
プリシャスが出てくるとなると、2対3でかなりヤバい。プリシャスだけでもかなり手強いのに・・・。
ダメージが残ったままチェンジする余裕もなくドルン兵にも取り囲まれ、絶体絶命だが
コウとアスナは互いを『信じている』と伝えあって、背中合わせで戦いを続ける(・ω´・)

・巨大ヤバソード。
自力で巨大化した(・ω´・)
コウはティラミーゴを呼ぶ。

・「いま逃げたら、ずっと後悔するぞ」
ティラミーゴは龍井邸を出る間際、ピーたんに、こう声をかける(・ω´・)
ピーたん・・・(・ω´・)

・キシリュウオーディメボルケーノ。
久々の形態(´ω`)

・怖いときは大声を出す。
本心では飛び出していきたいが、怖くて体が動かないと言うピーたん。
そんなピーたんに、尚久さんは助言する(´ω`)
怖いときは、何でもいいから大声を出すといいと。「群馬の焼き飯!」「ひそひそ話!」何でもよすぎィ(^_^;)

・「お前1人で何ができる」
 「私1人?見えないの?私達のソウルが!」
離れていても、ソウルは1つ(・ω´・)

・「なんで?体を張って守った?」
 「ハハハハハ・・・僕達のソウル、見えないのかな?」
ピンクが放った渾身のオモソウルでの攻撃を、身を挺してプリシャスを守るガンジョージ兄(・ω´・)
そしてプリシャスのこの意趣返し(・ω´・;)ムカつく・・・絆とかじゃなくてほぼ洗脳だったろ。

・「もっと見せてくれ。お前達の力を」
バンバとトワを変身解除に追い込んだところで、サデンがこんな事を言い出す(・ω´・)
ただの挑発ではないように思え、トワはバンバを止める(°ω°)

・エクストリームダブルディーノスラッシュ。
リュウソウカリバーとモサブレイカーの二刀流でエクストリームディーノスラッシュを放つノブレスゴールド(・ω´・)
ガンジョージ弟との決着のほうはついたか(´ω`)

・自爆。
ガンジョージ弟は、プリシャスから予め、リュウソウジャーを足止めできなければ自爆して爆発に巻き込むように言われていた(・ω´・;)
弟とか最強のチームとか言いながら、何の情もわいてない感じがうすら寒い・・・。
と、そこへサデンが割って入り、ガンジョージ弟の取り込んだ爆弾を剣で撃ち抜き、爆発を防ぐ(°ω°)

・サデンの正体。
トワが、戦闘中、何となく感じていた違和感から正体に気づいていたようだが、爆発を防いでくれた事で確信を得る。
サデンが頭部・・・兜をはずすと、正体は・・・マスターブラック(・ω´・)

・駆けつけるプテラードン。
アスナが再び変身解除し、プリシャスからとどめを刺される直前、絶体絶命のところにやってくる(´∀`)ピーたん!
オトさんが背中に乗っていて、ヨクリュウオーに変形しても、コックピットで一緒に戦ってくれるようだ(´ω`)
「マーク・ダカスコス!マーク・ダカスコス!」なぜ(^_^;)大声出すにしても、誰なんだ。

・「いつもいい時に都合よく来るでしょ?
  それが『仲間』!」
ご都合主義上等(´∀`)それでこそ特撮を観る甲斐がある。

・ブリザードビーム&ボルケーノキャノン。
ヨクリュウオーがヤバソードを凍り付かせて、キシリュウオーディメボルケーノが追撃(´ω`)
ヤバソードは巨大化が解け、プリシャス達は戦闘続行はせず戻っていく。
オトさんの、何となく気の抜ける掛け声の戦闘もうちょっと観たかったが、まぁ仕方ない(´ω`)

・マスターブラック。
警戒するバンバをよそに、軽口を叩きつつ、リュウソウカリバーを使ってもエラス様は倒せないと言う(・ω´・;)マジ・・・?
エラス様のところまでメルト達を案内する。
カナロはリュウソウカリバーでエラス様を斬りつけるが、聞いてる様子はない(・ω´・)マスターブラックの言うとおりか・・・。
マスターブラックは、エラス様を何とかしようとサデンに化けてプリシャスに従うフリをしていたようだが
リュウソウカリバーを抜かれた事で、プリシャスの思い通りになってしまったと(°ω°)
リュウソウカリバーの力が弱まったという話をメルトから聞くと、驚いた様子のマスターブラック(°ω°)
セトーさんの名前を出すと、会わせろと言う(°ω°)
なんだ?ここに来て、もしかしてセトーさんのほうが何か企んでるってオチ?(・ω´・;)でもユノさんの残留思念も・・・。

○次回は「心臓を取り戻せ!」
マスターブラックの語る真実。
エラス様の完全復活?
そして迫る最終決戦。
ヒリヒリしてきたな(・ω´・)今こそグレイテストエンターティナーが必要だぞ。

・劇場プレゼント。
キラメイレッド+リュウソウレッドorルパンレッドorパトレン1号の人形か(´ω`)パトレン1号欲しいな。

スーパー戦隊ムービーパーティー
プリキュアと共演?(^_^;)ライダー差し置いてそっち?